グローバルな視点から時代の変化を鋭く先取りし、革新的経営戦略やIT化戦略、ISOマネジメントなどを通じての実践的で有効性の高い経営の実現を図っています。

経営革新・新分野進出による収益拡大
~国・地方自治体などの公的支援制度・支援機関の活用法~

現在、戦後最長といわれる景気拡大局面にあっても、多くの中小企業はそれが実感できません。背景には公共事業の減少、石油・原材料の高騰や建築基準法改正に伴う建築需要の減少などの影響や地域・業種・規模での「格差」拡大があります。

この様な状況下で、事業の継続・発展のために何をなすべきか。実践的な経営戦略構築の手法を習得して頂きます。

【講師よりメッセージ】
企業の継続・発展のためには持続的に経営革新・新分野進出(第2創業)を図ることが大切です。そのためには外部経営環境と自社経営資源のマッチングに加えて、外部の「力」を効果的に活用することも非常に重要です。その具体的・実践的な手法を習得して頂きます。
【特色】
  1. 外部経営環境分析と経営資源の棚卸を行って戦略を構築します。
  2. 国や地方自治体などの公的な支援制度の内容と活用法を研究します。
  3. 他社連携や公的機関活用など経営革新・新分野進出について研究します。
 カリキュラム
1. 社内外の経営環境の分析と経営革新・新分野進出計画の策定
バランス・スコアカ-ドを活用した経営環境分析と経営戦略・経営計画構築について学び、自社の経営革新計画を策定します。
  • 外部経営環境(ビジネスチャンス)と自社の経営資源(強み)分析
  • コアコンピタンス(競争力の源泉)と経営ビジョン(目標)の設定
  • 経営革新・新分野進出に向けた経営戦略・経営計画の構築
2. 国・地方自治体などの公的な中小企業支援施策と活用法
格差是正や経営革新・新分野新進出に関する各種支援制度を研究します。
  • 経営革新支援・新連携支援事業、地域資源活用プログラム
  • 地域力連携拠点事業、「農商工連携」促進による地域経済活性化事業
  • 建設業の新分野進出・経営経営革新モデル構築支援事業
3.外部資源活用で経営革新・新分野進出を効率的・効果的に実現する法
  • 自社内で不足する経営資源・ノウハウ等の入手方法の研究
  • 同業・異業種連携、公的な研究開発支援・斡旋等の機関活用
 講師プロフィール 創業・第2創業・企業再生コンサルタント
高槻仁志
takatuki.jpg中堅の建設コンサルタントの財務責任者として、経営企画・経営管理業務全般に約20年間携わったのち、H15年1月に(株)TOKビジネスサ-ビスを設立し、代表取締役。

兵庫県中小企業再生支援協議会、(財)大阪産業振興機構・元気出せ大阪ファンド等で中小企業再生・事業承継の支援を行う一方、(財)ひょうご産業活性化センタ-・経営相談員、国交省・(財)建設業振興基金・建設業経営支援アドバイザ-を務めるなど、創業や第2創業・経営改善等の中小企業支援を行っている。

また、近畿・中国地方整備局や府県・各地商工会議所などが主催するセミナ-講師の経験も豊富。

1949年岡山県生まれ。同志社大学商学部卒業。中小企業診断士、ITコ-ディネータ、日商簿記1級。
 対象者 経営革新・第2創業に意欲がある経営者・後継者
 期間 1日間(6時間)
形式  講義と演習

関西経営コンサルタント
事業協同組合

〒 530-0012
大阪市
東成区中道3丁目15-16毎日東ビル

電話:06-6131-9391

FAX:06-6131-9392

メールはこちら