グローバルな視点から時代の変化を鋭く先取りし、革新的経営戦略やIT化戦略、ISOマネジメントなどを通じての実践的で有効性の高い経営の実現を図っています。

個人情報保護法とプライバシーマーク取得

個人情報保護法が施行され、広く知られるようになりましたが、個人情報の漏えい等の事故は、後を絶ちません。顧客からの信頼獲得と社員の意識向上のため、今一度、個人情報保護法を理解し、プライバシーマークへの取り組みについて講義いたします。具体的には、個人情報の内容から、JISQ15001との関連、プライバシマーク取得へのステップ、その効果について講習いたします。
【講師よりメッセージ】
個人情報について正確な理解をし、過剰反応をせず、お客様の視点に立つことが必要です。プライバシーマークの取得に取り組むことで、対外的には顧客の信頼を得て、社内的には内部統制を確立し、社員のコミュニケーション向上、意識向上に貢献します。
【特色】
  1. 個人情報保護法の概要
  2. JISQ15001の概要
  3. プライバシーマークの取得について
 カリキュラム ■ 個人情報保護法
  • 個人情報について再確認を行います。
■ JISQ15001
  • 個人情報保護法との関連、特に相違点について理解します。
■ プライバシーマーク取得への取組み
  • 個人情報マネジメントシステム構築のための体制作り
  • 個人情報マネジメントシステム概要
  • 構築までの期間、手順について
 講師プロフィール

ベテラン元SEによる情報経営コンサルタント 
米田 良夫

yoneda.jpg関西大学社会学部卒業後、商社系のコンピュータ販売会社、電気メーカーのコンピュータ販売会社を経て、独立する。一貫してシステムエンジニアとして、中小企業の情報化を構築する。開発した業種は多様で、開発システムも多岐にわたる。独立後は、IT経営応援隊の経営者研修、CIO養成研修、IT成熟度診断などを行っている。また、関西IT活用企業百選の選考委員でもある。最近は、大阪商工会議所の経営相談員として、中小企業の経営者の相談に応じている。中小企業診断士。ITコーディネータ。

 対象者  企業経営者、情報システム担当者
 期間 1日間(4時間)
形式  講義のみ

関西経営コンサルタント
事業協同組合

〒 530-0012
大阪市
東成区中道3丁目15-16毎日東ビル

電話:06-6131-9391

FAX:06-6131-9392

メールはこちら